絶妙な揺らぎが気持ちいい

絶妙な揺らぎが気持ちいい

こんばんは、院長の木村です。

電車やバスに乗っていると別に寝たくないのついつい眠ってしまいます。

心地よい揺らぎって誰でも経験がありますよね。

赤ちゃんもあ母さんの腕の中で揺らがれて気持ちよく眠りにつきます。

1/f揺らぎという言葉も聞いたことがあるのではないでしょうか?

ーーーーーーーーーーーー
自然現象においてしばしば見ることができる。具体例として人の心拍の間隔や、ろうそくの炎の揺れ方、電車の揺れ、小川のせせらぐ音、目の動き方、木漏れ日、物性的には金属の抵抗、ネットワーク情報流、蛍の光り方などが例として挙げられる。(Wikipedia)
ーーーーーーーーーーーー

その心地よい揺らぎも人それぞれで微妙に違います。

当院の施術でも、緊張が強く、神経が立っている(交感神経が優位な)方には、揺らぎの施術を行います。

その人それぞれの身体の重たいところを感じながら揺らぎを入れていきますので、ほとんどの人は心地よく寝てしまいます。

この揺らぎの強さが強いと船酔いみたいに気持ち悪くなりますし、リズムがおかしくても不快に感じます。

絶妙な強さとリズムがあります。

仕事を頑張っているお父さんや家事や育児を頑張っているお母さんは、ゆっくり体と心を緩めることが下手になっている方も多い。

自分でなかなか緩むことができない人は、感覚の鋭いセラピストに施術してもらうと、自分がいつも知らないうちに緊張していることが分かります。

緊張と緩みのバランスを良くしたいですね。

おすすめの記事