雨の日と憂鬱の関係

こんにちは、『わしん』の上西です。
10月も半ばにさしかかり、気温もグンと下がってきましたね。

そしてはっきりしないお天気の日が続いています、、、。

昨日も
「こりゃ、帰りは降られそうだ」
と3年ほど使っている折りたたみ傘を広げてみると、
なんだか骨が歪んでいたので

「えいっ」
と修正すると

『ポキッ』
と見事に折れました。

 

チーン。
今までありがとう。傘。

ってなわけで、はっきりしないお天気の日は
なんだか気分もモヤモヤしたり
元気が出なかったりするわけです。

「やる気出ないわぁ、私はダメ子」
そんな発想になる日もあります。

でも、これあなたのせいじゃありません。
(傘が折れたのは私のせい)

思い出して落ち込む。

(気を取り直して)

お天気と気分の関係は
結構いろんなところで言われていて
多くは気圧の影響でウンヌンカンヌンな訳です。

難しいことは置いといて、
ピーカンの日は高気圧で元気(交感神経優位)
ドンヨリの日は低気圧で憂鬱(副交感神経優位)
くらいに捉えていただけたら大筋OK!

これはDNAレベルで組み込まれているので
個人の努力でどうこうできないところ。

雨の日は元気でなくても仕方ないよね
こんな日は頑張りすぎないでおきましょ~♪

くらいの軽い気持ちでいきましょ☆

 

ホントはハメハメハ大王ばりに
風が吹いたら遅刻して
雨が降ったら休みたいんですけど
そんなことしてたら仕事なくなっちゃいますから(笑)

でもね、もしあなたが
お天気の悪い日に限って
ベッドから出られないくらいの体のダルさや
頭の痛さ・重さ
そういうものを感じているのなら
それは自律神経(交感神経と副交感神経の関係)が
乱れすぎているせいかもしれません。

普段真面目に頑張ってしまう人ほど
陥りやすい症状です。

1度『わしん』に相談に来てください。

『わしん』で行う『芯伝整体』には
体のコリや痛みを取るだけでなく
自律神経のリズムを整える施術があるんです。

そのツラさ、一緒に解決していきましょう。

お願いです。
あなたから笑顔が消えてしまう前に
わしんで芯伝整体を受けてみてください。
お待ちしています。

おすすめの記事