こんにちは、院長の木村です。
心に余裕を、身体のストレスを減らそう
先日はバスで合計20時間座っていましたが、椅子に長く座っていると身体は緊張してしまいます。
動けない閉じ込められた環境では気持ちも硬くなりますね。
デスクワーク中心の方は、特に職場の人との関係、お客さんとの関係と気を遣うので、気持ちも張り詰めて心も体も緊張してしまうと思います。

 

よくコップを例に出して説明をしますが、
コップの大きさが私たちの身体の容量です。
ストレスという見方で見てみると、コップ(うつわ)には、わかりやすく分けると、体(姿勢)と心の両方のストレスが溜まります。
体もストレスが溜まり、心もストレスがたまるとコップいっぱいとなって溢れ出し、身体のどこかに何らかの症状として出てくると考えています。

 

この何らかの症状はそれぞれで違います。
・口内炎ができる
・腰痛が出る
・肩こりから頭痛になる
・便秘になる
など、元々ストレスが強いところがこのままじゃもうダメだとと教えてくれます。
心のストレスは、人や環境に大きく左右されたりするので、自分でコントロールしやすい姿勢からストレスを減らしておくと、心のストレスが大きくなっても器から溢れ出すまでに余裕が出来ますね。
心は体に影響しますし、
身体は心に影響します。
切っては切り離せるものではないですが、何事にも適応できる心の強さを身につけるためにも体のストレスを減らすことが大切だと思います。
和身塾整体院では、肉体的な姿勢を整えるということだけでなく、心の面でも
・安心、信頼できる
・身体を触られた瞬間に心地が良い
・ベッドや香りの心地良さ
・目に優しい照明
など、五感のすべてから心地よさを味わえる整体を目指しています。
おすすめの記事