時間の使い方と身体の使い方〜【動画】背骨をコントロール〜

こんにちは、木村です。

募集していました『体験セミナー&説明会』まであと一週間です。

今日は最後の方に『背骨をコントロール』という動画があります。

ただ動くだけでなく
注意しているイント
お伝えしてますので是非みてください。

==============================
あなたは何に人生の大事な時間を使っていますか?
==============================

・給料を保証するための拘束時間
・仕事以外の趣味
・睡眠時間
・専門分野の勉強

・家族との時間

僕自身がざっくりですが
こんな時間の使い方をしていました。

自分がするための時間って
ほとんどなかったと思います。

それが、時間の使い方を変えた時がありました。

身体の使い方という他とは180度違う視点
身体の変化を実感できる面白さ
関わっている人を楽にできるという期待

まぁいろんな意味で衝撃的でワクワクしていました。

稽古では何一つできることがないのに。。

時間の使い方を変えた理由は
やっていることが10年後の
自分が理想にたどり着けないからです。

できている人が言うことはやってみる。
見たものは真似してみる。

・睡眠時間を意識的に減らし1人稽古と動画を見ることに当てました
・拘束時間も意識を変えました
・今までの方法は辞めました
・家族との時間は減らしました
→これ結構大変です!!
・今まで読んでいた偏った専門書を読まなくなりました
→狭く偏り過ぎていた

僕自身は器用なのか不器用なのか
わかりませんが全部を全力でやるエネルギーはなかった。

とりあえずフォーカスしてやってみようと
取り組んだのが自分の身体の進化でした。

ここに身体の本質があると感じたから。

僕の場合は施術より前に
自分の身体の使い方をフォーカスして変えました。

これが無個性から一つ特徴が出せた視点です。

ーーーーーーーー
 身体の緩め方
ーーーーーーーー

身体を緩めるためには、
まず自分の緊張を感じることが大切です。

漠然と緊張しているというのではなく、
ここが緊張していると点で感じることです。

点で緊張を感じた後、
その緊張を緩めるためには、

ストレス(緊張)を逃がし方

を知ることです。

この知るというのは頭ではなく身体で覚えます。

頭でっかちな僕はここに時間がかかりました。

一番取り組んだのが『背骨』

電車でも、エレベーター待ちでも、
夜中でも意識してやってました。

完全に変な人です。

周りのセラピストから
「腰痛いの?」「調子悪いの?」
と聞かれることもしばしば。

『あなたより腰使えるよ』

と言いながら気にせず意識していました。

1つの癖を変えるのに
早くて全力でやって3ヶ月です。

これは言葉として聞いていましたが、
やってみて本当にその通りです。

1つずつ点(癖)を知って変えていくうちに
身体の変化が飛躍する時期があります。


「小さなことからコツコツと」
by西川きよし

身体を変えるのは容易ではないことを実感でき、
だからこそお客さんにもそのまま伝えられます。

自分を変えたことで、頭でっかちな自分から一皮剥けました。

何もわかってないのに『先生』
と言われるのは嫌だった。

・施術すると一瞬の変化は出せます
・身体の劇的な軽さも体感してもらえます
・サポートすると理想の状態を味わってもらえます
・向かう方向性が見えます

でもこれは一時的。

体験セミナーではその体験をしてもらいます。

僕自身がそうであったように
体験しないと実感できないからです。

ここは文章では伝えきれないので
リアルの場となります。

身体の基礎を作る『身体の使い方』

ぜひ体感して欲しいと思ってます。

身体マスターベーシック講座
体験セミナー&説明会は
3/3日が初日です。

少しずつ参加者が集まっています。

検討されている方はぜひご参加くださいませ。

3月3日(土)18:00〜21:00
3月7日(水)18:00〜21:00
3月10日(土)18:00〜21:00
3月21日(水・祝)18:00〜21:00

======================
身体のプロも通う整体院院長が伝授する
身体の使い方の基本

身体の使い方ベーシック講座
〜体験セミナー&説明会〜
======================

詳細はこちら

お申し込みはこちら

※セミナー参加者限定2大特典
①山崎さんとの特別音声『感性の高め方』『潜在能力の引き出し方』
②身体のプロが通う整体院院長厳選
『お客さんに即使える!厳選7つのエクササイズ動画』
をプレゼント!

早期割引3/5まで!
5000円→3000

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク