ゲイシャを味わう

こんにちは、院長の木村です。

昨日はセッション後に、
近くのこだわり豆の珈琲店に行ったのですが、

「こんなコーヒー初めて!」
というコーヒーに出会えました。

すごく独特な味わい。

最近ハマっているグアテマラの
コーヒーを頼もうとしていたのですが、

目に止まったのは、

『エスメラルダ農園“ゲイシャ”』1400円

1400円!!

おーなかなかのお値段。

名前もなんとなく気になる“ゲイシャ”

ちなみに日本の芸者とは全く関係がないらしく、
ゲイシャ種という希少な豆の種類だということ。

どんなものかと。

ハンドドリップされるのを見ながら、
目の前でカップに注がれていく
コーヒーは今までより薄めの色合い。

香りから入ると、??

もう一度嗅いでも、
「??紅茶みたいな香りかがする」

マスター「そうでしょ」

と「冷めていくにつれて味わいが変わっていきますし、口の中でも変わりますよ」

ほんまや!!

このコーヒー面白い。

1400円は一般的に高いのかもしれないですが、
それに勝る興味がありました。

一杯の体験価値

今までの価値観を壊すことで
今までの常識では見たことのない世界に
触れることができます。

体験してみないとわからない

僕は5年前に自分の身体を
いかにコントロールするかに興味を持ちました。

当時は
・果たして自分が健康と言えるのか
・身体のことを本当にわかっているのか
・自分が身体のプロと言えるのか
・今の業界の施術がベストなのか

そこで選んだ選択は、
一度新しい世界に触れにいこう。

と飛び込んだのが和身塾』です。

達人のところにいくには勇気はなかったのと
施術に活かしたかったら和身塾だと感じました。

そこからが身体の可能性へのチャレンジの始まりです。

『脱筋力』

『身体の潜在能力の発露』

想像もできなかった身体の進化を手に入れ、
自分の進化を施術やお客さんに伝えて驚き興味を持たれる。

今では整体院には全国から身体のことを仕事とするプロ達が訪ねてきてくれます。

病院で働いていた時と比べると驚くべき変化です。

でも、当時からそこに自分の理想をみていました。

お前には何もない

和身塾で身体の使い方の稽古が始まると
5年以上積み重ねた病院での技術は儚くもストレートに打ち砕かれました。

くそ〜とは思いましたが、

悔しさ以上に可能性への希望が溢れていました。

そこからが

自分の身体
お客さんへの成果

が劇的に変化した始まりです。

テクニックばかりを追いかけていた時代から抜け出せたきっかけ

ーー身体の可能性への挑戦ーー
ーーーー本質の追求ーーーーー

身体の使い方養成講座・和身塾

の募集公開はいよいよ3日後
※【11月28日(火)12時~】より

注意していただきたいのは

この募集は
”年に1度だけの開催”だということです。
(来年は継続するかまだ未定です)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク