お風呂に入ると痛みが取れる2つの理由

こんばんは、院長の木村です。

お風呂に入ると痛みが取れる2つの理由

 

お風呂に浸かると痛みが取れた経験はないでしょうか?

先日、法事で実家に帰って親戚のおばちゃんが股関節が痛いという相談を受けました。

色々と話しましたが、大阪の難波に出て来るには年齢的にきついので、、
近かったら行くのに、、
と。

話の中でプールに行くと痛くなかったと言われていました。

お風呂とプールで痛みが取れるのには共通点があります。

腰痛や膝痛をお持ちの方はお風呂に浸かると痛みが取れた経験があると思います。

ここには2つの理由があります。


1つは、温かいお風呂に浸かると血管が広がるので痛みの物質が発生する必要がなくなるということです。

また、温くすることで自律神経の副交感神経が働きリラックスでき筋肉も柔らかくなり血管が広がります。

ここは想像がつきますよね。

もう一つの理由も大切です。


お風呂に浸かることで「浮力」が働くので腰やお尻、股関節、太もも、ふくらはぎなどの『重み』が水の力によって『軽く』なることです。

この重たいところが軽くなるということが痛みから解放される上でとても大切です。

腰痛の人であれば、自分で自覚していなくても無意識に腰やお尻、股関節、太もも、ふくらはぎが重たくなっています。

この発想をもってもらいたい。

股関節が痛かった親戚のおばちゃんにもお伝えして、僕が肋骨を補助して脚の重みを支えてあげると補助している間は痛みが出ずに動けました。

当院で行う整体施術や腰痛指導は、腰やお尻、仙腸関節、股関節、太もも、ふくらはぎなどにかかっている『重み』を全身に分散させ痛みが起こっている箇所を軽くすることで「酸欠」になることを防ぎます。

酸欠を防ぐことで痛みの物質が出てくるのを抑えることができます。

少し難しくなりましたが腰痛や膝痛から抜け出すために大切なことなのです。

慢性的に痛みの起こっている箇所は、

冷たく
重たく
硬い

これを整体施術とセルフケア、エクササイズで

温かく
軽く
柔らかい

身体に変えていきます。

お風呂に入ることで痛みが取れるのは、
「温めるだけでなく、重たくなっている箇所を軽くする」

これを知っておいてください。

重たさが自分でわからないという方は、一度お身体をみさせて頂きますので和身塾整体院までご相談ください。

お問い合わせで身体のご相談もできますのでこちらから気軽にどうぞ。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/c2a31a76411693

 

自分の身体に希望が持てる!
地下鉄なんば駅徒歩5分
痛み・不調を緩和する整体サロン「和身塾整体院」
【営業時間】 10:00~22:00(完全予約制)
【定休日】  不定休
【住所】   大阪府大阪市西区南堀江1丁目16-3
カーサトレンタ301
【電話番号】 06-6123-7302
メニュー・料金表一覧
アクセスマップ・お店までの順路
お客様の声<ネットで予約・問い合わせ>
ネットで予約する
メールで問い合わせる(※予約ではありません)
<電話予約する>
06-6123-7302

京都、三重、大阪、なんば、堀江、日本橋、長堀橋、心斎橋、本町、四つ橋、桜川、梅田、堺市など、遠方からもお越し頂いております。遠くは、九州の大分からもお越し頂きました。

腰痛、片頭痛、膝の痛み、背中の痛み、首の痛み、肩こり、体質改善、足がだるい、体の不調、などの症状がある方、和身塾整体院にお任せ下さい。

ーーーーーーーーーーーーーー
フェイスブックをされている方は
「和身塾整体院」フェイスブックページに
いいね!していただくと最新情報や予約が取りやすいです。

いいね!しておいてくださいね。

おすすめの記事