こんばんは、院長の木村です。

【腰痛予防】長時間の運転が辛いあなたへ

昨日は、2時間程度、休憩もせずに車を運転したのですが、太もも、腰からお尻にかけてだるくなってくるんですね。

何とも言えないだるさ。

私の身体は痛みまでは起こりませんが、同じところにじっとしていると、確かに重たく硬くなっています。

整体院に足を運ばれている方の話を聞いていても、長時間の運転が辛いけど何か良い方法はないでしょうかと聞かれることもあります。

対症療法より、

・痛みが出ない体質に変える
・違和感を感じ取って痛みが出る前に対処する

となって頂きたいのですが、私の身体もまだまだですね。

痛めない体質に変えることは、すぐには難しいことです。

体質というと癖と同じように考えてもらうとわかりやすいかと思います。

貧乏揺すりをする
爪を噛む
作り笑いをする

など、癖を変えるには、癖が出ていることを自覚して意識して止めなければなりません。

まず痛みを止めるための対症療法も並行して行う方が良いと思います。

・椅子に座っているのが辛い
・長時間の運転が辛い

という方にはオススメのエクササイズがあります。

ご覧下さい。

運転中は両方に手を入れることは難しいですが、片方ならお尻の下に手を入れられます。

安全が第一なので、辛くなったら車を止めて行ってもらえると良いかと思います。

車を止めたなら歩いた方が良いかもしれませんね。

デスクワークの方でも座りながらできるので、是非取り入れて見て下さい。

動画のようにお尻の重たいところを軽くして、筋膜を剥がしていけば、腰や仙骨周り、太もものだるさや痛みが軽くなりますよ。

おすすめの記事