肩を痛めない身体の使い方

こんにちは。
わしん整体院院長の木村です。

 

昨日は毎週やっている身体の使い方の実践クラスでした。

 

もうかれこれ一年間、
毎週色んな角度から身体の使い方を
一緒に稽古していますが、
みんなの感性も上がってきて
感覚を掴むのが早くなっています。

 

昨日は腕と肩の使い方が中心。

 

腕を上げる時ってどんな意識を持っていますか?

 

五十肩や肩こりが強い人は、
腕を上げる時に肩や肋骨が上がっていることがほとんどです。

 

腕を上げる時は、肩は下げる。
腕を上げる時は、肋骨の筋膜も下げる。

 

これが肩を痛めない身体の使い方ですが、
身体のテコを使うことで肩に負担がかからず
腕が上まで上がってきます。

 

もちろん肩の周りの筋肉が
固まってしまっている方は、
そちらのケアも必要ですが
身体の中心や下半身の使い方も大切になってきます。

<肩を痛めない身体の使い方>

まずは動画のような形で、
腕を上げる分だけ身体を下げる
やってみてください。

 

腕が上がるのが早かったり、
身体が下がるのが早かったりするのではなく、
腕を上げるのと同じ分だけ身体を下げます。

 

スッと身体を落とせば、
自然と腕はスッと上まで上がってきます。

 

それができれば肩の筋肉を使いすぎてないかの検証。

 

動画の後半ですね。

 

後半は、上手く使えていれば
あんなことが起こります。

 

誰かに腕を持って軽く抑えてもらいます。

 

抑える方は上から押し込まないようにしてくださいね。

 

それこそ、肩を痛めます。

 

抑え込むというより、止める感じです。

 

肩の力で上にあげようとしても
つらくて上がりませんし、
頑張れば頑張るほど
肩の筋肉(三角筋)に負担がかかります。

 

僕の細い腕ではパワーで上げてもムリゲー。

 

誰かに抑えてもらって力で上げるを
試してもらってもいいと思います。

 

まぁ力でやっても思っている以上に相手を動かせないもんですよ、これ。

 

そこで、先程の腕を上げると同じ分だけ身体を下げるをやると、腕の力みなく腕が上がってきます。

 

相手は巻き込まれたみたいに動かされてしまう。

 

細かくは
・腕の遠心性の意識
・背骨の使い方、下半身の使い方
・相手との同調

など。

 

これらの要素もないと上手く力が伝わりませんが、今日は肩を痛めない身体の使い方として、腕を上げる時は上げる分だけ身体を下げる意識を持つことを一つ覚えてもらえれば嬉しいなと。

 

・相反性
・テコの原理

といったところがキーワードです。

 

身体の感覚が鋭くなってくると、
身体を実際に落とさなくても
身体の中でテコの動きや筋膜の動きが
作れるようになります。

 

痛い箇所や重い箇所を身体の中で移動できる

 

感覚が芽生えると痛みが逃がせるし、
腰痛なら腰、肩こりなら肩と
身体のずっと一箇所へかけている
負荷も減らすことができるので
この「緊張を移動させる」を身体で覚えてもらえればと思ってます。

 

参考になれば嬉しいです。

 

==================================
大阪難波 わしん整体院
HP:https://namba-seitai.com
メールアドレス:washinjyuku.seitai@gmail.com
TEL:06-6123-7302
==================================

おすすめの記事