肩甲骨が出たその先

こんにちは、木村です。

 

最近、整体に来られるお客さんやセラピストから

 

「私も肩甲骨を出せるようになりたい」

 

と言われます。

 

肩甲骨を自在に出したり動かしたり
コントロールできるようになるには
少し時間がかかります。

 

でもサポートされると出る感覚は味わえます。

 

その感覚を自分で掴めるようになると
自在に肩甲骨を出せるようになります。

 

 

「すげー」

「気持ち悪い」

「前鋸筋は働いているんですか?」

など感想は様々。

 

感想は違えど、
それなりにインパクトはあります。

 

目指すところは
自分でコントロールすることです。

 

自分で何をやっているかが
分かっているということ。

 

肩甲骨に限らずこれすごい大事です。

 

おまけに身体のプロ達からも囲まれます笑

 

=============
 肩甲骨が出たその先
=============

 

例えば、セラピストであれば、
肩甲骨が出たところで施術とは即繋がりません。

 

コントロールする過程や視点に
施術に活かせる秘密があります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

ここがわかれば身体の全体と各パーツに
置き換えらるようになります。

 

それが原理原則だと思っています。

 

和身塾で取り組む
最重要課題は感じるです。

 

・自分の身体を感じる
・相手を感じる
・重さを感じる

 

など、全身をセンサー(感覚器)にしていきます。

 

筋肉が緊張してしまうと
お客さんを触る手も
「出力器」になってしまいます。

 

感じられない。

 

以前は僕も指を緊張させて
強く押していたし、
自分の指が緊張していることも
わかっていませんでした。

 

『感じる』ということを
ひたすらに取り組んでから

 

ようやくお客さんの身体の『重み』
捉えられるようになってきました。

 

これは僕の中ですごい進化です。

 

お客さんの辛い箇所と手で共感ができるようになります。

 

話が少し外れましたが、

 

只今募集している
和身塾3daysワークショップでは、

 

3日間に分けて

・肩甲骨編
・背骨編
・開脚編

で行います。

 

3日間参加すれば
それだけで即使いたくなるインパクトと
さらに深めていける身体の使い方のヒントが得られます。

 

1日だけでも参加は可能ですので、ぜひ身体の可能性に触れてみてください。

 

ワークショップの詳細はこちらから
↓ ↓ ↓

===========================
身体プロフェッショナルを目指す方へ、
可能性に満ちた身体を目覚めさせ、
将来の進化のきっかけになる3日間

『和身塾』3daysワークショップ
https://peraichi.com/landing_pages/view/3zh2y
===========================

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事